弱虫ペダルに学ぶ人の潜在能力の引き出し方

弱虫ペダルというアニメをオンラインビデオ配信サービス(→フール―)で見る機会がありました。

オタクの高校生が自転車競技にのめり込み、インターハイで大活躍するという話です。しかし、この主人公は自転車競技の経験があったわけではありません。たまたまオタクの聖地秋葉原まで頻繁に通っていたというだけで、いくら才能があるとしても技術的にはインターハイに出場するつわもの達に及ぶものではありません。

しかし、このロードレースというのは団体競技で、一人を勝たせるためにみんなで協力して、それぞれが自分の仕事をはたさなければなりません。この主人公の小野田坂道君にも数々の任務が課せられます。しかし、彼はその都度カベにぶつかり、もがき、スマートに果たすことができません。そうであっても、彼は最後にはしっかりと任務を果たします。

ここに、人の潜在能力を引き出すポイントを知ることができます。それは、人には役割を与えるということです。人は内心誰であっても、誰かの役に立ちたいと思っていて、そのことが相手に評価されるとうれしく思うものです。

この坂道君も、自分のためではなく、チームと他のメンバーのために走っています。自分のことだけを考えていたら越えられなかった壁であっても他の人のためなら、その気持ちが原動力となり、頑張りとおすことができます。

私たちも人生において自分を含めて組織として物事を成し遂げなければならないと思いますが、そのためには一人一人に明確に役割を与え、そのための努力をしっかりほめてあげることが大切なのだと学ばされました。